Anti-Cheat Web APIs

Anti-Cheat Web API を使用して、RESTful サービスで Anti-Cheat インターフェイス機能を使用します。

Epic Online Services (EOS) Anti-Cheat インターフェース はオンライン マルチプレイヤー プレイでの不正行為の削減に役立ちます。

Anti-Cheat Web API を使用して、信頼できるサーバー アプリケーションの EOS C SDK を補うことができます。Anti-Cheat Web API を呼び出す前に、Epic Online Services Web API で標準、認証、エラーコードを確認してください。

API エンドポイント

https://api.epicgames.dev/anticheat/

デプロイで Anti-Cheat Service のステータスをクエリする

ポリシー

使用するクライアントポリシーでは、 anticheat:authenticateForAnyUser または anticheat:authenticateForLocalUser アクションを許可する必要があります。

認証

この呼び出しには、Connect インターフェス から取得した EOS クライアント認証アクセス トークンを使用した Bearer トークン認証が必要です。

リクエスト

HTTP Request

GET /anticheat/v1/{DeploymentId}/status

HTTP Headers

Name

Value

Authorization

Bearer <EOSAccessToken>

Content-Type

application/json

Path Parameters

Name

Type

Description

Required

deploymentId

String

The EOS deployment ID

Yes

リクエストの例

curl "https://api.epicgames.dev/anticheat/v1/<deploymentId>/status/" \
-H "accept: application/json" \
-H "Authorization:Bearer <EOSAccessToken>"

レスポンス

HTTP Response 200 - OK:Success.

HTTP Headers

Name

Value

Content-Type

application/json

JSON Payload

Name

Type

Description

serverKick

Boolean

True if anti-cheat Server Kicks are enabled in the EOS Developer Portal, otherwise false.

レスポンスの例

{
    "serverKick": true
}