PV サービスのテスト

既知のテスト用認証情報を使用し、テスト環境内でエンドツーエンドの PV サービスの統合をテストする方法について説明します。

テスト フローを開始する

テスト環境内に PV サービスが設定されたら、成功と失敗の両方の場合でエンドツーエンドの統合をテストすることができます。

統合をテストする方法

  1. テスト用の保護者に向けたメール アドレスを使用し、フローを開始します (以下の「テスト環境の保護者用メール アドレスに関する制限」をご覧ください)。

  2. 保護者の ID を検証するよう求められた場合は、既知の テスト用 SSN 値テスト用の支払い用カード番号 を使用し、さまざまなシナリオで統合をテストします。

注: テスト環境内の統合をテストする方法

  • 以下のセクションで説明するように、いくつかの制限事項があります。

  • KWS インターフェースには、[TEST MODE (テスト モード)] のバナーが太字フォントで表示されます。

  • 速度制限は、すべての KWS API エンドポイントについて、一意の保護者のメール アドレスごとに 1 時間あたり 10 リクエストまでに固定されています。これは、プロダクション環境でも同様に適用されます。

テスト環境の保護者用メール アドレスに関する制限

  • テスト環境では、検証した保護者用メールアドレスは ParentGraph で保持されません。そのため、 「保護者の事前検証」 のシナリオはテストできません。

  • メール アドレスは、以下のいずれかである必要があります。

    • メール アドレスは組織内のデベロッパー/管理者のものであり、関連する製品に対する適切なアクセス権がある。 例:name@email.com。

    • メール アドレスのエイリアスは組織内のデベロッパー/管理者のものであり、関連する製品に対する適切なアクセス権がある。 例:name+1@email.com。

注:注:プロダクション環境では、メール アドレスが有効なものであることが唯一の条件となります。

既知の値を使用して SSN の検証をテストする

PV サービスで 社会保障番号 (SSN) の検証 をテストするには、以下に示す値を使用します。各値で、異なる SSN の検証シナリオをテストします。

SSN 下 4 桁

シナリオ

1111

年齢が検証されなかった (失敗)

2222

その人が故人である (失敗)

3333

その人の生年月日が複数ある (失敗)

4444

その人が所定の年齢に達していない (失敗)

5555

全般的な検証エラー (失敗)

(その他の値)

検証の成功

テスト用カード番号を使用して支払い用カードの検証をテストする

PV サービスは、Stripe を使用して 支払い用カードの検証 を実行します。PV サービスで支払い用カードの検証 をテストするには、 Stripe によって提供されたテスト用カード番号 を使用します。各テスト用カード番号で、さまざまな支払いシナリオをテストします。たとえば、正常な支払い、支払いの拒否、有効期限切れのカードのシナリオをテストできます。

3D Secure のフローをテストするには、 Stripeの 3D Secure のテスト用カード番号 を使用します。

ID スキャンの検証をテストする

ID スキャンの検証 をテストするには、ID スキャンを検証方法として選択し、ドロップダウン メニューから必要な成功/失敗シナリオを選択します。

次のステップ

サービスのテスト結果に問題がなければ、テスト環境と同じように プロダクション環境 を設定します。