PV サービスのテスト

本番環境移行前に PV 検証設定をテストする方法を説明します

PV サービス設定が KWS チームにレビューされる と、テストを開始することができます。

テスト モード

テスト モードでは、成功と両方の両方の場合でエンドツーエンドの統合をテストすることができます。検証方法で必要とされる各入力に対して、Developer Portal では期待される結果の入力値マッピングを提供しています。テスト認証情報を使用してフローを開始すると、これらの既知の値を使用して各シナリオにおける統合の動作をテストすることが可能です。

テスト モード シナリオ

テスト モードのクライアントの認証情報を使用する際、各検証方法はさまざまなシナリオをトリガーする定義済み入力を受け付けます。

ParentGraph 内での親の事前検証

現在のテストモードはこのシナリオをシミュレートしていません。テスト モードで検証したメールアドレスは、ParentGraph で保持されません。

SSN 検証 (US)

このシナリオは、入力された SSN の最後の 4 桁で決定されます。

SSN (ssnSuffix)

シナリオ

1111

年齢が検証されなかった (失敗)

2222

その人が死亡している (失敗)

3333

その人の生年月日が複数ある (失敗)

4444

その人が所定の年齢に達していない (失敗)

5555

全般的な検証エラー (失敗)

(その他の値)

検証の成功

支払い用カードの検証

支払用カードの検証は Stripe を通じて実行されます。テスト モード トークンは、Stripe のテストカード番号 を使用してシナリオをトリガーします。

3D Secure フロー のテスト用に、追加のテストカード番号は用意されています。

タグ