Voice インターフェースのサンプル - C SDK

Voice の C インターフェースのサンプルは、Voice の使用の実装と基本的な機能の実例を示しています。

Preview Only
このページ中

この Voice のサンプルは、C SDK 用のクライアントとサーバーのアプリケーションを使用してセキュアな ボイス チャット システム を実装する方法の実例を示しています。

このサンプルには以下の機能が含まれています。

  • 他のユーザーが参加しているルームにユーザーが参加できるようにするトークンをリクエストする (サーバー経由)

  • フレンドや他のユーザーが参加しているルームに参加する

  • ルームから退出する

  • 自分の音声をミュートにする

  • 他のユーザーの音声をミュートにする (サーバー経由、ルームの所有者のみが可能)

  • 他のユーザーをルームから追い出す (サーバー経由、ルームの所有者のみが可能)

  • ユーザーの発言時やミュート時にステータスの更新を表示する

  • オーディオ入力/出力デバイスを変更する

Voice1.png

Voice クライアント

Windows 32/64 ビット用のセットアップ

このセクションでは、32 ビットおよび 64 ビットの Windows オペレーティング システム用の Voice クライアントのサンプル アプリケーションのビルドおよび実行について説明します。

Win64/Win32 用の Voice クライアントのサンプル アプリケーションをビルドする

  1. EOS-SDK.zip」を任意の場所に解凍します。

  2. EOS-SDK\Samples」フォルダに移動します。

  3. Samples.sln をダブルクリックすると、Visual Studio の [ソリューション エクスプローラ] にサンプルが表示されます。

  4. [スタートアップ プロジェクト][Voice] に設定します。

  5. SampleConstants.h を開き、自分のテスト アプリの値に合わせて、ProductIdSandboxIdDeploymentIdClientCredentialsId、および ClientCredentialsSecret を変更します。

  6. [ソリューション構成] で Release_DX または Debug_DX を選択します。

  7. [ソリューション プラットフォーム] で [x64 (Win64)] または [x86 (Win32)] を選択します。

  8. [ソリューション エクスプローラ] で、Voice プロジェクトを右クリックして [ビルド] を選択します。

  9. ビルドが正常に終了すると、「\EOS-SDK\Samples\Voice\Client\Bin\Win64\Release_DX\」フォルダに「Voice.exe」が作成されています。

これで、サンプル アプリケーションを実行できるようになりました。

Voice クライアントのサンプル アプリケーションを実行する (Win64/Win32)

Voice クライアントのサンプル アプリケーションを実行するには、以下の手順に従います。

  1. \EOS-SDK\Samples\Voice\Client\Bin\Win64\Release_DX\」フォルダに移動します。

  2. Voice.exe を実行します。

  3. サーバーのリッスン ポートを変更するには、-serverport <port> を追加します。

  4. サーバーの URL を変更するには、-serverurl <url>を追加します。

MacOS または Linux 用のセットアップ

セットアップの前提条件

Voice クライアントのサンプル アプリケーションを MacOS でビルドするには、次の依存関係をインストールする必要があります。

MacOS または Linux 用の Voice クライアントのサンプル アプリケーションをビルドする

  1. EOS-SDK.zip」を任意の場所に解凍します。

  2. ターミナルで「/EOS-SDK/Samples/Voice/Client/」に移動します。

  3. SampleConstants.h を開き、自分のテスト アプリの値に合わせて、ProductIdSandboxIdDeploymentIdClientCredentialsId、および ClientCredentialsSecret を変更します。

  4. ./Build.sh」と入力して実行します (または、Mac の FinderBuild.command を実行します)。

  5. ビルドが正常に終了すると、「/EOS-SDK/Samples/Voice/Client/Build/」フォルダに複数のファイルが新規作成されています。

これで、サンプル アプリケーションを実行できるようになりました。

Voice クライアントのサンプル アプリケーションを実行する (MacOS または Linux)

サンプル アプリケーションを実行するには、以下の手順に従います。

  1. /EOS-SDK/Samples/Voice/Client/」に移動します。

  2. ./Run.sh」と入力して実行します (または、Mac の FinderRun.command を実行します)。

  3. サーバーのリッスン ポートを変更するには、-serverport <port> を追加します。

  4. サーバーの URL を変更するには、-serverurl <url>を追加します。

Voice クライアントのサンプル アプリケーションを使用する

デベロッパー認証ツール にログインするには、[Dev Auth] オプションを選択してから [Log In (ログイン)] を選択します。ログインすると、Voice クライアントのサンプル アプリケーションには以下のオプションがあります。

VClient1.png

JOIN (参加)

[JOIN] を選択すると、ルーム参加プロセスが開始されます。ルームの参加するために使用するルーム参加トークンを取得するためのリクエストがサーバー経由で行われます。

現在のルームには他にプレイヤーはいないので、新規ルームが作成されて、そのルームに自分が追加されます。[Room:] ボックスに RoomId が表示され、[ROOM MEMBERS] テーブルが更新されて、自分がルームに追加されたことが表示されます。

VClient2.png

LEAVE (退出)

[LEAVE] をクリックすると、現在メンバーである現在のルームを退出します。

MUTE (ミュート)

[MUTE] は、ローカル ユーザーのみが使用可能であり、をクリックすると、自分の音声がミュートになります。音声がミュートになると、音声ステータス アイコンが次のような赤色に変化します。

VClient3.png

OWNER-ONLY (所有者のみ)

ルームの所有者であれば、ユーザーをミュートにするオプションおよびユーザーを現在のルームから追い出すオプションがあります。

VClient4.png

REMOTE MUTE (リモート ミュート)

[REMOTE MUTE] をクリックすると、そのユーザーがミュートになります。

KICK (追い出し)

[KICK] をクリックすると、そのユーザーが現在のルームから追い出されます。新しいルーム参加トークンをリクエストして付与されない限り、そのユーザーはそのルームに再度参加することはできません。

CHAT (チャット)

VClient5.png

フレンド リストでフレンドの名前の横にある [CHAT] をクリックすると、そのフレンドのルームに自分が追加されて、そのフレンドとチャットできるようになります。

JOIN コンソール コマンドを使用して、自分のフレンドではない別のプレイヤーと同じルームに参加することもできます。

AUDIO DEVICES (オーディオ デバイス)

[SETUP (セットアップ)] ダイアログのドロップダウン メニューを使用して、入力と出力のオーディオ デバイスを変更することができます。

VClient6.png

SPEAKING STATUS (発言ステータス)

ユーザーが発言しているときは、音声ステータス アイコンが次のような緑色の完全なスピーカーに変化します。

VClient7.png

コンソール コマンド

JOIN (参加)

  • 使用法:"JOIN ROOM_NAME"。

  • ローカル ユーザーのルーム参加プロセスを開始します。

  • ROOM_NAME を指定していれば、そのルームに参加します (許可されている場合)。

  • ROOM_NAME を指定していなければ、新規ルームが作成されて、そのルームに参加します。

LEAVE (退出)

  • 使用法:"LEAVE"。

  • ローカル ユーザーが現在のルームから退出します。

KICK (追い出し)

  • 使用法:"KICK USER_ID"。

  • 現在のルームからユーザーを追い出します。

  • 自分がルーム所有者でない場合は、何も行われません。

  • USER_ID は ProductUserId です。

  • 使用法:"REMOTEMUTE USER_ID MUTE"。

  • ユーザーのリモート ミュート状態を設定します。

  • 自分がルーム所有者でない場合は、何も行われません。

  • USER_ID は ProductUserId です。

  • MUTE が「1」であればミュートになり、「0」であればミュートが解除されます。

Voice サーバー

VServer1.png

Windows 32/64 ビット用のセットアップ

このセクションでは、32 ビットおよび 64 ビットの Windows オペレーティング システム用の Voice サーバーのサンプル アプリケーションのビルドおよび実行について説明します。

Win64/Win32 用の Voice サーバーのサンプル アプリケーションをビルドする

  1. EOS-SDK.zip」を任意の場所に解凍します。

  2. \EOS-SDK\Samples\」フォルダに移動します。

  3. Samples.sln をダブルクリックすると、Visual Studio の [ソリューション エクスプローラ] にサンプルが表示されます。

  4. [スタートアップ プロジェクト][VoiceServer] に設定します。

  5. SampleConstants.h を開き、自分のテスト アプリの値に合わせて、ProductIdSandboxIdDeploymentIdClientCredentialsId、および ClientCredentialsSecret を変更します。

  6. [ソリューション構成] で Release または Debug を選択します。

  7. [ソリューション プラットフォーム] で [x64 (Win64)] または [x86 (Win32)] を選択します。

  8. [ソリューション エクスプローラ] で、VoiceServer プロジェクトを右クリックして [ビルド] を選択します。

  9. ビルドが正常に終了すると、「\EOS-SDK\Samples\Voice\Server\Bin\Win64\Release\」フォルダに「VoiceServer.exe」が作成されています。

これで、サンプル アプリケーションを実行できるようになりました。

Voice サーバーのサンプル アプリケーションを実行する (Win64/Win32)

Voice サーバーのサンプル アプリケーションを実行するには、以下の手順に従います。

  1. \EOS-SDK\Samples\Voice\Server\Bin\Win64\Release\」フォルダに移動します。

  2. VoiceServer.exe を実行します。

  3. サーバーのリッスン ポートを変更するには、-voiceserverport <port> を追加します。

  4. サーバーの URL を変更するには、 -voiceserverurl <url> を追加します。

MacOS または Linux 用のセットアップ

セットアップの前提条件

Voice サーバーのサンプル アプリケーションを MacOS でビルドするには、次の依存関係をインストールする必要があります。

  • cmake

  • gcc (Mac 用の Xcode コマンドライン ツールを使用)

MacOS または Linux 用の Voice クライアントのサンプル アプリケーションをビルドする

  1. EOS-SDK.zip」を任意の場所に解凍します。

  2. ターミナル で「/EOS-SDK/Samples/Voice/Server/」に移動します。

  3. SampleConstants.h を開き、自分のテスト アプリの値に合わせて、ProductIdSandboxIdDeploymentIdClientCredentialsId、および ClientCredentialsSecret を変更します。

  4. ./Build.sh」と入力して実行します (または、Mac の FinderBuild.command を実行します)。

  5. ビルドが正常に終了すると、「/EOS-SDK/Samples/Voice/Server/Build/」フォルダに複数のファイルが新規作成されています。

これで、サンプル アプリケーションを実行できるようになりました。

Voice サーバーのサンプル アプリケーションを実行する (MacOS)

サンプル アプリケーションを実行するには、以下の手順に従います。

  1. /EOS-SDK/Samples/Voice/Server/」に移動します。

  2. ./Run.sh」と入力して実行します (または、Mac の FinderRun.command を実行します)。

  3. サーバーのリッスン ポートを変更するには、-voiceserverport <port> を追加します。

  4. サーバーの URL を変更するには、 -voiceserverurl <url> を追加します。

Voice サーバーのサンプル アプリケーションを使用する

Voice サーバーはコンソール ベースのアプリケーションであるため、GUI 要素はなく、デバッグ テキストがコンソールとデバッグ ログファイル (デフォルトでは、「DebugOutput.log」) に出力されます。エラーは 赤色の テキストで出力され、警告は 黄色の テキストで出力されます。

Voice サーバー アプリケーションを開始すると実行されたままになり、複数のクライアントからのリクエストが処理されます。

サーバー アプリケーションを停止するには、Ctrl+C キーを押します。