EOS オーバーレイ

アプリ内購入のための EOS オーバーレイの使用方法。

Epic Online Services (EOS) SDK のバージョン 1.2 から、Epic Games ストア で EOS SDK を使用するゲームでのアプリ内購入をサポートするオーバーレイが導入されました。

初期化

Direct3D を初期化する前に、EOS SDK を初期化して、EOS_Platform_Create を呼び出す必要があります。こうすることで、EOS オーバーレイが、ユーザーに表示する各ゲーム フレームでオーバーレイをレンダリングするのに必要なグラフィックス API フックをインストールすることができます。

Windows では、EOS オーバーレイは Direct3D9、Direct3D10、および OpenGL を実験的にサポートしています。実験的な機能を有効にするには、EOS_Platform_Create を呼び出す前に、EOS_Platform_OptionsFlags フィールドを適切な値で初期化します。

  • Direct3D9 - EOS_PF_WINDOWS_ENABLE_OVERLAY_D3D9

  • Direct3D10 - EOS_PF_WINDOWS_ENABLE_OVERLAY_D3D10

  • OpenGL - EOS_PF_WINDOWS_ENABLE_OVERLAY_OPENGL

状況によっては、オーバーレイ機能を完全に無効にする必要がある場合もあります。このような状況が発生する例としては、デベロッパーがエディタでゲームを実行しているときに、エディタのグラフィックス API を接続すると問題が発生する場合などが挙げられます。EOS_Platform_Create に渡される EOS_Platform_Options は、64 個のフラグ用のスペースを持つビットフィールドである Flags メンバーを取るように拡張されました。現在のところ、オーバーレイを無効にするフラグは次の 3 つです。

  1. EOS_PF_LOADING_IN_EDITOR - UE4 の Play-in-Editor (PIE)、Unity などのゲーム エディタで EOS SDK を使用している場合は必ず、このフラグを設定する必要があります。

  2. EOS_PF_DISABLE_OVERLAY - オーバーレイ機能を明示的に無効にする場合は、このフラグを設定する必要があります。Ecom インターフェースの購入関連の機能が無効になります。

  3. EOS_PF_DISABLE_SOCIAL_OVERLAY - オーバーレイ機能を明示的に無効にする場合は、このフラグを設定する必要があります。

インストール

EOS オーバーレイは、Epic Games Launcher によってインストールされます。将来的には、このオーバーレイは再配布可能なインストーラ パッケージとして提供されまる予定です。

EOS SDK はレジストリ キーからオーバーレイの場所を検索します。このキーは EOS Overlay の「Binaries」フォルダに設定されている必要があります。また、Epic Games Launcher でも、オーバーレイをインストールする時にこのキーを書き込みます。このキーの場所を把握していると問題解決に役立つことがあります。このキーは、HKEY_CURRENT_USER\Software\Epic Games\EOS\OverlayPath にあります。

互換性のあるレンダリング API とオペレーティング システム

このサンプルでは、一般的なコンソール コマンドに加えて、インゲームで入力できる次の追加のコンソール コマンドをサポートしています。

Windows

利用の可能性

API

利用可能

  • Direct3D 12

  • Direct3D 11

  • Vulkan

Experimental

  • Direct3D 10

  • Direct3D 9

  • OpenGL

macOS

利用の可能性

API

Coming Soon

  • Metal

  • Vulkan

  • OpenGL

Linux

利用の可能性

API

Coming Soon

  • Vulkan

  • OpenGL