クラウド セーブの設定およびテスト

ローンチ前にクラウド セーブをオンにしてテストを行う

クローズド ベータ パートナー クローズド ベータ版 リリースに参加している場合、Epic Games アカウントを使って 知識ベースにサインイン することでドキュメントにアクセスすることができます。

クラウド セーブ 機能を使用すると、ユーザーはゲームを保存して、次回のプレイ時に、時間や場所を問わず前回の続きからプレイすることができます。このガイドでは、クラウド セーブを設定して、クラウド セーブがあなたのゲームで機能していることを確認するテストを行う方法について説明します。

オファーでクラウド セーブをオンにする

クラウド セーブはアーティファクト設定の製品オファー レベルでオンにすることができます。

  1. [Product] > [Offers page] > [Offer] > [...] > [Edit Offer] > [Artifact Settings] > [Enable Cloud Save] の順に選択します。

  2. [Enable Cloud Save] をオンにします。

  3. ユーザーのデバイスのローカルのゲームの保存先となる PC と MacOS の 場所 を指定します。

  4. Files to Sync — データを入力して、クラウド保存のファイル割り当てと同期ルールをカスタマイズします。

ランチャーでクラウド セーブをオンにする

クラウド セーブはユーザーのオプトイン機能であるため、まず、サイレント リリース中に Epic Games Launcher でこの機能を有効にする必要があります。また、Epic Games のオンライン サポート記事「Epic Games Launcher でクラウド セーブを有効にするには?」も参照してください。

クラウド セーブは、通常、インストールしたゲームではデフォルトで有効になっています。ただし、テストを行う前に、次の手順でクラウド セーブが有効になっていることを確認することをお勧めします。

  1. Epic Games Launcher で、インストール済みのゲームに移動して、 [...] メニューをクリックして [Settings (設定)] メニューを開きます。

  2. [Enable Cloud Save (クラウド セーブを有効にする)] がオンになっていることを確認します。

クラウド セーブ テスト オプション

以下は、ゲーム タイトルで実行可能なクラウド セーブ テスト (予想される結果を含む) です。

新規インストールおよび初回の起動

  1. ゲームをインストールします。

  2. Epic Games Launcher にアクセスして、ゲームを初めて起動します。

「予測される結果」

  • 競合画面は表示されない

  • クラウド セーブの問題がない状態で起動する

ローカル ストレージにはクラウド セーブがなく、クラウドにセーブがある状態で起動する

  1. ゲームをインストールします。

  2. Epic Games Launcher でゲームを起動します。

  3. セーブ ポイントが作成されるまでプレイします。

  4. ゲームを終了します。Launcher がクラウド セーブを同期します。

  5. .sav ファイルとクラウド セーブの .manifest ファイルを削除します。注記:クラウド セーブのマニフェストは次のフォルダに格納されています。C:\Users\AppData\Local\EpicGamesLauncher\Saved\Saves

  6. ゲームを再起動します。

「予測される結果」

  • 競合画面は表示されない

  • クラウド セーブの問題がない状態で起動する

  • ユーザーが正しい .sav ファイルを保持している (前回の「インゲーム」のセーブ ポイントで特定される)

ローカル ストレージにはクラウド セーブがなく、クラウドにセーブがある状態で同期してから、起動する

  1. ゲームをインストールします。

  2. Epic Games Launcher でゲームを起動します。

  3. セーブ ポイントが作成されるまでプレイします。

  4. ゲームを終了します。

  5. .sav ファイルとクラウド セーブの .manifest ファイルを削除します。

  6. ゲームを再起動します。

「予測される結果」

  • 競合画面は表示されない

  • クラウド セーブの問題がない状態で起動する

  • ユーザーが正しい .sav ファイルを保持している (前回の「インゲーム」のセーブ ポイントで特定される)

テストの競合画面

  1. ゲームをインストールします。

  2. Epic Games Launcher でゲームを起動します。

  3. セーブ ポイントが作成されるまでプレイします。

  4. ゲームを終了します。

  5. 数分間待ちます。

  6. .sav ファイルの 1 つを編集して、新しいタイムスタンプを作成します。

  7. ゲームを再起動します。

「予測される結果」

  • 競合画面が表示される

複数のプラットフォームでのクラウドの同期

  1. ゲームをインストールします。

  2. Epic Games Launcher でゲームを起動します。

  3. セーブ ポイントが作成されるまでプレイします。

  4. ゲームを終了します。

  5. ゲームを別のマシンにインストールします。

  6. ゲームを再起動します。Launcher がクラウド セーブを同期します。

「予測される結果」

  • 競合画面は表示されない

  • クラウド セーブの問題がない状態で起動する

  • プレイヤーが正しい sav ファイルを保持している (前回のインゲームのセーブ ポイントで特定される)

クラウドからのダウンロードによるクラウド同期でセーブを上書きする

  1. ゲームをインストールします。

  2. Epic Games Launcher でゲームを起動します。

  3. セーブ ポイントが作成されるまでプレイします。

  4. ゲームを終了します。

  5. クラウド セーブを無効にします。また、Epic Games のオンライン サポート記事「Epic Games Launcher でクラウド セーブを無効にするには?」も参照してください。

  6. ゲームを再起動します。

  7. セーブ ポイントに到達するまでプレイします。

  8. ゲームを終了します。

  9. [Cloud Save] をオンにします。また、Epic Games のオンライン サポート記事「Epic Games Launcher でクラウド セーブを有効にするには?」も参照してください。

  10. ゲームを再起動します。Launcher がクラウド セーブを同期します。

「予測される結果」

  • 競合画面が表示される

  • クラウド セーブの問題がない状態で起動する

  • プレイヤーがクラウド内にある正しい .sav ファイル (前回のインゲームのセーブ ポイントで特定される) を保持している

ローカル ファイルのアップロードによるクラウド同期でセーブを上書きする

  1. ゲームをインストールします。

  2. Epic Games Launcher でゲームを起動します。

  3. セーブ ポイントが作成されるまでプレイします。

  4. ゲームを終了します。

  5. クラウド セーブを無効にします。また、Epic Games のオンライン サポート記事「Epic Games Launcher でクラウド セーブを無効にするには?」も参照してください。

  6. ゲームを起動します。

  7. セーブ ポイントに到達するまでプレイします。

  8. ゲームを終了します。

  9. [Cloud Save] をオンにします。また、Epic Games のオンライン サポート記事「Epic Games Launcher でクラウド セーブを有効にするには?」も参照してください。

  10. ゲームを再起動します。Launcher がクラウド セーブを同期します。

  11. ゲームを終了します。

  12. .sav ファイルとクラウド セーブの .manifest ファイルを削除します。

  13. ゲームを再起動します。

「予測される結果」

  • 競合画面が表示される

  • クラウド セーブ関連の問題が発生することなく起動する

  • プレイヤーがローカルの正しい .sav ファイル (前回のインゲームのセーブ ポイントで特定される) を保持している

クラウド セーブのエラー コード

以下に記載のないテストの問題についてサポートが必要な場合は、ケースを作成 してください。

エラー

タイトル

説明

CS-DL (Download Fail

CS-UL (Upload Fail

接続エラー

サーバーに接続できません。ネットワークの設定を確認し、もう一度お試しください。

CS-02 (Failed to chunk save directory

クラウド セーブのバックアップ エラー

ゲームのセーブ ファイルへのアクセスに問題が発生しました。ゲームが実行されていないことと、セーブ ファイルが別のプロセスで開かれていないことを確認してください。

CS-03 (Upload size too large

データ サイズ

アップロードするにはセーブ ファイルが大きすぎます。注記:Epic Games ストアのクラウド セーブは、標準の同期値が 1 GB となっています。Max sync quota を増やしてみてください。

CI-BPS- (Errors during install process

CI-03 (Failed to load manifest

インストール エラー

クラウド セーブをインストールできませんでした。ディスクの空き容量をご確認ください。