Epic Account Services デザイン ガイドライン

Epic Account Services を統合して認証を行う際のデザイン ガイドライン

Epic Account Services により、プレイヤーはビデオ ゲームをどのプラットフォームでもすぐに簡単に開始でき、フレンドと有意義なクロスプラットフォーム体験を実感できます。このドキュメントでは、Epic Account Services への適切なサインイン体験を作成するためのガイドライン、ヒント、考慮事項を紹介します。

ユーザー体験のガイドライン

「Epic Games でサインイン」での事情説明の必要性

Epic Games アカウントでのサインインをユーザーに要求するときには、サインインすることにどのような意味があり、どのような体験が提供されるのかに関する背景事情をユーザーに説明してください。

サインイン プロセスの一部として、ユーザーのアカウント データをアプリケーションで共有する権限を、ユーザーが Epic Games に認めるための同意フローが始まります。デベロッパー ポータルでアプリケーションを設定するとき、アプリケーションがアクセスをリクエストする、Epic Games アカウント データをさまざまなスコープから選択できます。アクセスをリクエストするデータ スコープは、アプリケーションが現在必要としているものに限定してください。将来に備えた設定にはしないでください。アプリケーションの機能セットが変わった場合、デベロッパー ポータルで選択したデータ スコープをいつでも更新できます。アプリケーションで対象のアカウント情報がなぜ必要なのか、優れた体験をどのように提供するのかを理解してもらうことが重要です。

一般に、サインイン プロセスはアプリケーションのスタートアップ フローの初めの方に配置することをお勧めします。ユーザーがこれまでに別のプラットフォームでビデオ ゲームをプレイしていた場合、すでに進行状況データを保存している可能性があります。早い段階でサインインするフローにすれば、保存されたデータの複数バージョンが競合して、アカウントのマージで問題が発生することを回避できます。

異なる認証オプションのバランス

外部のアカウント システムを使用することで、ユーザーがアプリケーションに簡単にサインインできます。異なる認証オプションを選べるサインイン ボタンは、複数ステップにまたがるなどわかりにくくしないことが必要です。Epic Games サインイン オプション ボタンと他のサードパーティ サインイン オプションは同じ程度に目立つように表示する必要があります。たとえば、ボタンはほぼ同じサイズで、見た目で同様の重要度が感じられるようにする必要があります。すべてのサインイン オプションが等しく有効であることをユーザーが理解できるようにする必要があります。

Epic Games でサインインした後、アプリケーションに対して新規のユーザー名とパスワードをセットアップすることを、ユーザーにすぐに求めることはしないでください。体験の後のフローとして実行することは問題ありませんが、オプションにしておくことを検討してください。

アカウント データを別のソーシャル グラフにインポートする

ユーザーが通常期待しているのは、別のソーシャル グラフで保持している関係に基づいて、推奨フレンドを受け取ることです。Epic アカウント データをデベロッパーまたは別のサードパーティのソーシャル グラフにインポートする前に、ユーザーに同意を求め、ユーザーが同意した場合に発生することを説明する必要があります。自分の Epic アカウント データとフレンドが別のエコシステムにインポートされることに、ユーザーが明確で意図的なアクションを通じて同意する必要があります。インポートはバッチで実行できますが、常に同意のタイミングで実行する必要があり、この同意が有効なのは、単一のイベントのみです。

すべての場合に、ユーザーの Epic Games アカウントからデベロッパーまたは他のサードパーティのソーシャル グラフへのソーシャル関係をインポートするかどうかをユーザーが選べるようにする必要があります。

同意の撤回と削除

Epic Games からアプリケーションへのアカウント データの共有は、ユーザーの明確な同意が必要です。ユーザーはこの同意をいつでも撤回することができ、その時点で Epic Games はデベロッパーからのユーザー アカウント データへのアクセスを停止します。

デベロッパーが Epic アカウントの何らかのデータを、自分のまたは別のサードパーティのソーシャル グラフにインポートした場合、Epic アカウント データの使用に対する同意を撤回するための、わかりやすく、簡単にアクセスできるメカニズムをユーザーに提供する必要があります。

Epic Games による通知を受けた、またはユーザーからリクエストされたときに、ユーザーのすべての Epic Games アカウント データを直ちに、確実に消去することが要求されます。

これらおよび他の義務の詳細については、「Epic アカウント サービス補遺」を参照してください。

Epic Games ブランド ガイドライン

Epic Games では 2 つの異なる [Sign in with Epic Games (Epic Games でサインイン)] ボタンが用意され、ユーザーがアカウントをセットアップしサインインするために使用できます。必要な場合、Epic Games でサインインするためのカスタム ボタンを作成できます。標準の Epic Games でサインイン ボタンを使用することを、強くお勧めします。ユーザーが Epic Games オプションをすぐに識別できるからです。

デフォルトのサインイン ボタン

標準の [Sign in with Epic Games] ボタンには 2 つのオプション、明るい背景の暗いボタンと暗い背景の白いボタンがあります。

両方のボタンのサイズは 210 x 50 ピクセルです。

image alt text

カスタムのサインイン ボタン

ビデオ ゲームにはそれぞれ独自のビジュアル デザインがあります。Epic は、個々のアプリケーションが目指す体験にふさわしい、サインイン フローを自由に設計できることが望ましいと考えています。以下に順守する必要がある厳格なルールの組み合わせ、および最高のユーザー体験になることを目的に作成した全般ガイドラインを示します。

ロゴ

Epic Games ロゴで利用できるのは 2 つのスタイル、白と黒です。

Epic Games ロゴのダウンロード

Epic Account Services のデザイン ガイドラインに従って、Epic Games ロゴの色を変更しないでください。デバイスの種類や画面サイズに応じて、Epic Games ロゴの大きさを調整できますが、ロゴの縦または横が引き伸ばされないように、アスペクト比を維持する必要があります。Epic Games ロゴを歪めることもしないでください。

以下に指定した通り、最小パディングを尊重し、ロゴが最小サイズを下まわらないようにしてください。21 x 24 ピクセルのロゴ サイズでは、ロゴの左と右のパディングはそれぞれ 11 ピクセルです。上部のパディングは 10 ピクセルで、ロゴと下の間は 9 ピクセルです。スケールアップするとき、これらの比率を維持する必要があります。

image alt text

ロゴとコピーを囲う枠は好きな形を選べます。

image alt text

背景

ボタンの背景は好きな色を選択できます。デフォルト ボタンと同様に、暗い色のボタンの背景に白文字のロゴと明るい色の背景に黒文字のロゴを使用できます。

image alt text

コピーとフォント

サインイン ボタンには常にテキストを含めてください。推奨するテキストは「Epic Games でサインイン」、「Epic Games でログイン」または「Epic Games で続行」です。ロゴだけや、コピーだけのサインイン ボタンはお勧めしません。常にボタンの枠にコピーとロゴを含めるようにします。

そのビデオ ゲームのデザインを背景にして最適なフォントとフォント スタイルを選択することをお勧めしますが、容易に認識できるように調整してください。推奨する最小フォント サイズは 12ptですが、デフォルト フォント サイズは 14ptです。

image alt text