Sanctions Interface

Sanctions インターフェースは、ゲームプレイまたは通信の一時的ないし無期限の利用停止など、ユーザーに対して行われた処分を管理します。

3 分で読めます

Sanctions インターフェース を使用するには SDK 1.11 以上が必要です。

Sanctions インターフェース はユーザーに対して行われる処分を管理します。処分には、特定のユーザーに対して、ゲームプレイの一時的ないし無期限の使用禁止、または 製品 の社会的側面を制限する通信の使用禁止を含むことができます。ユースケースに基づいて好ましくない行動に対処するために、製品の懲戒処分を定義します。

Sanctions インターフェース は懲戒処分の追跡および調整のみを行います。懲戒システムの定義と実施は自分自身の責任で行います。

クライアント資格情報とポリシー設定

Sanctions インターフェース を使用する前に、クライアント資格情報 を設定する必要があります。ユーザー データの保護のために、利用可能なオプションから適切な [Client Policy Type (クライアント ポリシー タイプ)] を選択してアクセス権を最小化します。

ユーザー ID を作成する

Sanctions インターフェース を使用するには、まず初めに Connect インターフェース を使ってユーザーの ID を作成する必要があります。

アクティブなプレイヤーの処分をクエリする

ユーザーに対するアクティブな処罰をクエリするには、以下の関数を使用します。

注:EOS_Sanctions_QueryActivePlayerSanctions を呼び出すと、キャッシュされたデータがリセットされます。関数の呼び出しが成功した後、別のユーザーをクエリする前に、返されたデータへのアクセスとコピーを決定することができます。

Developer Portal で処罰を管理する

Developer PortalSanctions インターフェース を見つけるには、管理対象の特定の製品を選択し、サブパネル ナビゲーション バーの [Game Services (ゲームサービス)] セクションをクリックし [Sanctions (処罰)] を選択します。

ここでは以下の操作を行うことができます。

  • 新しい処罰を Add (追加) する
  • アクティブまたは保留中の処罰を Remove (削除) する
  • 保留中の処罰を Activate (アクティブ) にする
  • 処罰の詳細を Update (更新) する

処罰を追加するには、処罰の UI の上部にある [Add New Sanctions (処罰を追加)] ボタンを選択します。

選択すると、処罰のアクション、種類、正当化、タグ、プレイヤー ID の入力フィールドが含まれるモーダルスライドが表示されます。

処罰は永続的または一時的 (1 日、3 日、7 日、30 日) にすることができます。

ヒント: UI でリスト表示された処罰を選択すると、関係するユーザーに下されたすべての処分と、正当化および変更オプション (削除、アクティブ化、更新) を確認することができます。

オンライン マルチプレイヤーに処罰を実行する

処罰はセッションレベルで実施されます。セッションが作成された場合のみ、実行内容を構成することができます。詳細は「Sessions インターフェース」を参照してください。

注: 処罰を受けるプレイヤーは処罰を有効にしてセッションを作成することができますが、作成後にセッションを登録したり、セッションに参加することはできません。

セッションで処罰が有効になっていて、参加しているユーザーに処罰が実行されている場合、関数 EOS_Sessions_JoinSession はエラー EOS_Sessions_PlayerSanctioned を返します。

関数 EOS_Sessions_RegisterPlayers は複数のプレイヤーをサポートし、EOS_Sessions_JoinSession とは異なって処罰を受ける一人 (または複数) のプレイヤーが処罰が有効になっているセッションに登録を試みてもエラーを返しません。代わりに、応答オブジェクトはすべてのプレイヤーが登録されていることを確認する必要があります。ターゲット セッションで処罰が有効になっている場合、処罰が原因で登録されていないプレイヤーはすべてコールバック結果構造体 EOS_Sessions_RegisterPlayersCallbackInfoSanctionedPlayers リストに表示されます。詳細は「Sessions インターフェース」を参照してください。

プレイヤーの処罰の不服申し立てを作成する

Sanctions Web APIs を使用して、処罰の不服申し立てを作成することができます。

Developer Portal で処罰の不服申し立てを管理する

Developer PortalSanction Appeals を見つけるには、管理する特定の製品を選択し、[Game Services (ゲームサービス)] > [Operations] > [Sanctions] の順に選択します。または、[Sanctions] セクションの特定のプレイヤー プロファイルからも見つけることができます。処罰の異議申し立ては、[Open (オープン)]、[In progress (進行中)]、[Escalated (エスカレート済)]、[Closed (クローズ)] のいずれかです。

処罰の異議申し立てでは、以下を行うことができます。

  • 新規処罰の異議申し立ておよび関連する処罰の 表示
  • 1 つ、またはすべての異議申し立ての自分への 割り当て
  • 1 つ、またはすべての異議申し立てのステータスの 変更
  • 決定の追加による 1 つ、またはすべての異議申し立ての クローズ (および関連する処罰のクローズ)

ヒント: 処罰がクローズされると、この処罰に関連する処罰の異議申し立ては自動的にクローズされます。