Using the Android SDK Samples

Android ログイン サンプルの概要です。

2 分で読めます

現在、ログイン サンプル では SDK でログインするための Auth インターフェース の使用方法をご覧いただくことができます。

このサンプルは Android Studio 4.0.1 を使って開発され、SDK version 29 でビルドされています。SDK は最低 23 バージョンが必要です。

始める前に

gradle.properties にアプリケーションと関連づいた値が正しく設定されていることを確認してください。正しく設定されていないと、SDK が正しく実行されません。gradle.properties では以下の設定が必要です。

  • productId: 使用する product id
  • sandboxId: 使用する sandbox id
  • deploymentId: 使用する deployment id
  • clientId: 使用する client id
  • clientSecret: 使用する client secret

サンプルでは、gradle が eos_login_protocol_schemeの作成と小文字化を処理します (build.gradle を参照)。他の統合については、「Android で EOS SDK を使用する」を参照してください。

これらの設定の値が分からない場合は、Developer Portal で詳細を確認してください。

ログインする

アプリケーションを最初に開始すると、[Login (ログイン)] ボタンのある画面が表示されます。このボタンから アカウント ポータル 上でのログイン フローにつながります。

アプリケーションを開くたびに、persistent auth を使って、最後のログインに使用した資格情報でのログインが自動的に行われます。まだログインしたことがない場合、persistent auth は既存の資格情報を見つけることはできません。

クリックしてフルサイズ表示

アカウント ポータルを使ってログインする

[Login (ログイン)] ボタンを押すと、セキュア セッションが開始されて、ウェブ ブラウザで Epic アカウント ポータル が開きます。ここで Epic アカウント へサインインすることができます。

クリックしてフルサイズ表示

クリックしてフルサイズ表示

このフローを完了すると、アプリケーションへ戻り、そこでログインが確定されます。

クリックしてフルサイズ表示

ログアウトせずにアプリケーションを終了し、永続的なログイン フローを確認するために再度開くことができます。アプリケーションからログアウトすることもできます。ログアウトにより格納された資格情報がクリアされます。

クリックしてフルサイズ表示

クリックしてフルサイズ表示