What's New

Epic Online Services の各リリースにおける機能と変更の概要です。

これは、EOS SDK の各リリースの Epic Online Services での変更の概要です。

変更点に関する詳細はリリースノートをご覧ください。

  • リリース ノート」ドキュメント
  • デベロッパー ポータル (dev.epicgames.com/portal) でリリースノート―を見るには以下手の順に従います。
    1. 左側メニューから対象の製品の名前を選択して、[Product Settings (製品設定)] を選択します。
    2. 製品設定ページで [VIEW RELEASE NOTES (リリースノートを表示)] を選択します。

2022

1.15.4 - 2022年11月16日

今回のリリースでは、複数のインターフェースの改善と、コンソールへの追加サポートを行いました。

e コマース

Ecom Interface に新しいEOS SDK API EOS_Ecom_QueryEntitlementToken を追加しました。 これは、ゲーム内の消費型アイテム(プレイヤーがゲーム内でアイテムを使用するたびに「使用回数」が減少する、限定的な持続性を持つアイテム)のトークンベースの検証をサポートします。 この新しい API を使用してゲームのクライアント コードで JWT を生成し、サーバー側検証サービスを使用している場合は、そのサービスに渡します。

詳細については以下を参照してください。

ロビーとセッション

ロビーとセッションでのバグを修正したことにより、次のプレイヤーの制限が正しく実施されるようになりました。

  • 1 プレイヤーあたり最大 16 ロビーの同時接続が可能。
  • 1 プレイヤーあたり最大 16 セッションの同時接続が可能。

P2P

usrsctp の代わりに dcSCTP Stream Control Transmission Protocol (SCTP) ライブラリ実装を使用することで、セキュリティとネットワーク環境が悪い場合での応答性を向上させました。

注記:この変更は後方互換性がありますが、セキュリティとパフォーマンスの向上のために、できるだけ早く最新のバージョンにアップグレードすることをお勧めします。

SDK 1.15.4 アップデート

Sony PlayStation

  • Sony PlayStation 4 SDK 10.008.001 のバージョン サポートを追加しました。
  • Sony PlayStation 5 SDK 6.00.00.38 のバージョン サポートを追加しました。
  • PlayStation 5でボイスチャットを有効にした状態でロビーに参加 / 退室するとクラッシュする問題を修正しました。

Microsoft Xbox

  • Microsoft Xbox GDK 220602 (June 2022 QFE2) のバージョン サポートを追加しました。

非推奨事項

アンチチート

EOS_AntiCheatServer_RegisterClientOption の文字列 AccountId パラメータを非推奨にして、新しい EOS_ProductUserId UserId パラメータを導入して置き換えました。 注記: ゲーム サーバーがクライアントから安全に EOS_ProductUserId を受け取っていない場合に推奨される方法は、EOS 接続 ID トークンを使用することです。

EOS コア

標準的な EOS SDK の命名規則に合わせるために、Player Data Storage および Title Storage インターフェースのマクロから OPTIONS という文字列を削除しました。 注記: 後方互換性のため、非推奨のマクロはまだ存在しますが、将来のバージョンで削除する予定です。古い命名規則を使用している非推奨のマクロは、新しい命名規則を使用するマクロへの置き換えをお勧めします。

1.15.3 - 2022年9月19日

Android 用 EOS SDK のタイプが 2 つになりました。

  • 新規:libc++_static.a とリンクする静的 SDK です。
  • 既存:libc++_shared.so とリンクする動的 SDK です。

Android 用の静的 SDK または Android 用の動的 SDK のいずれかを使用することができます。

1.15.2 と 1.15.2.1 - 2022年8月

リリース 1.15.2 (および 1.15.2.1 アップデート) には、Apple シリコン、Anti-Cheat と Ecom のアップデートや、コンソール (Microsoft Xbox および Nintendo Switch SDK) 用 EOS SDK のアップデートの他、多数のバグ修正が含まれています。

新機能

  • SDK は、Universal dylib として Mac で Apple シリコンをサポートするようになりました。
    • 注記: 現在、Easy Anti-cheat は Apple シリコンをサポートしません。
  • EOS SDK バージョン 1.15.2 より、EOS SDKは、コンソール プラットフォームの SDK (Microsoft のXbox SDK、Sony の PlayStation SDK、Nintendo の Switch SDK など) の中の 2 つのリリース バージョンにピン留めされています。以下の 2 つのコンソール プラットフォーム バージョンです。
    • コンソール プラットフォーム SDK の最新バージョン。
    • コンソール プラットフォーム SDK の 1 つ前のバージョン。

Anti-Cheat アップデート

Anti-Cheat に新機能が 1 つあります。

  • anticheat_integritytool.cfg」コンフィギュレーション ファイルでは、プレイヤーのマシンで許可されるゲームのアクティブなインスタンスの最大数など、ゲームのクライアントを設定できるようになりました。

次の 3 つの追加の改善点があります。

  • Anti-Cheat Bootstrapper で、リソースがプレイヤーのマシンのハード ディスクにキャッシュされなくなりました。
  • Windows 上の Anti-Cheat Bootstrapper で、タスクバーにゲームの実行可能ファイルのアイコンが表示されるようになりました。「~/<game root>/ EasyAntiCheat」ディレクトリにカスタム アイコンを追加すると、デフォルト アイコンが上書きされます。
  • Anti-Cheat Integrity Tool の使用サンプルが増えました。anticheat_integritytool.exe --help を実行すると、サンプルを表示できます。

Ecom アップデート

  • 新しい 2 つのフィールド ReleaseDateEffectiveDateEffectiveDate に追加しました。オファーの購入が可能となったときにこれらを使用してプレイヤーに知らせることができます。
  • Ecom インターフェースに次の 2 つの新しい API を導入しました。
    • EOS_Ecom_GetLastRedeemedEntitlementsCount は、最後の EOS_Ecom_RedeemEntitlements 呼び出し中に引き換えられた利用資格の数をフェッチします。
    • EOS_Ecom_CopyLastRedeemedEntitlementByIndex は、指定されたインデックスによって引き換えられた利用資格 ID をフェッチします。

非推奨のお知らせ

  • EOS_Ecom_CatalogOfferPurchasedCount フィールドが非推奨となり、常に 0 を返すようになりました。このフィールドを使用しないでください。
    • 前の SDK バージョンにおいて、PurchaseLimit がオファーで設定されている場合を除き PurchasedCount はゼロでした。この動作が保証されなくなったたね、このフィールドの使用および最新の SDK へのアップグレードは推奨しません。

SDK 1.15.2 and 1.15.2.1 アップデート

この SDK リリースには、主要な機能の重要な更新とバグ修正がいくつかあります。完全なリストについては、Developer Portal の「SDK Changelog (SDK 変更ログ)」を参照してください。主な内容は次のとおりです。

  • コンソール プラットフォーム
    • EOS_Platform_Create は、SDK 1.15 より前のヘッダ ファイルを正しく検出し、すべてのプラットフォームでデフォルトの NetworkStatusEOS_NS_Online に設定するようになりました。これにより、コンソールでの後方互換性問題が解決されました。
  • Sony PlayStation
    • PS4 SDK 9.008.001 と PS5 SDK 4.000.00.31 のバージョン サポートを追加しました。
  • Nintendo Switch
    • Nintendo Switch SDK 14.3.0 のバージョン サポートを追加し、Nintendo Switch SDK 13.3.2 のサポートを維持しました。
  • Microsoft Xbox
    • Xbox GDK 220301 のバージョン サポートを追加し、Xbox GDK 211001 のサポートを維持しました。
  • Apple macOS
    • Dev Auth Tool と Anti-Cheat bootstrapper が開かなくなる問題を修正しました。
  • サンプル
    • iOS および Android のサンプルに、SDK1.15 で導入された SDK サスペンド/レジュームおよびネットワーク接続/切断 API の使用例が含まれるようになりました。
  • オーバーレイ
    • ゲームで Epic Online Services オーバーレイが無効になっている、またはインストールされていない場合、Auth インターフェースはシステムブラウザを使用して、プレイヤーがサインインできるようにします。

1.15.1 - 2022年7月1日

EOS_Auth_Login で使用する EOS_ECT_STEAM_APP_TICKET を非推奨にし、 EOS_ECT_STEAM_SESSION_TICKET に置き換えました。

1.15 - 2022年6月16日

このリリースには、新しいクロスプレイ機能、Anti-Cheat の更新や、SDK のコンソール バージョンの更新 (Sony PlayStation、Microsoft Xbox および Nintendo Switch)、新しい音声ボリューム コントロール API や多数のバグ修正が含まれています。また、これらの新機能と更新を有効するために必要となる、互換性を破る変更も含まれています。

クロスプレイ

SDK は PC 上のシームレスなクロスプレイを提供するようになりました。クロスプレイを使用して、Steam と Epic Games ストア間でプレイヤーとマッチメイキング プールを統合できます。

主な機能は、以下のとおりです。

  • Friends インターフェース API を使用して、プレイヤーが直接フレンドの招待を作成したり、接続とプレイを一緒に効率化することができます。
  • Steam プレイヤーはメールやパスワードなしでゲームに飛び込むことができ、SDK と EOS バックエンド サービスは内部で Epic Games アカウントを作成し、これを Steam アカウントにリンクします。
  • Steam および Epic Games ストアのフレンドは、Steam の Epic ソーシャル オーバーレイに並んで表示されるので、プレイヤーは単一のリストにすべてのフレンドを表示できます。
  • インゲーム オーバーレイでは、Epic アカウント サービス認証とアカウントのリンクを処理するため、プレイヤーはゲーム内にとどまり、外部のブラウザにリダイレクトされません。
  • 再配布可能な新しい自己更新では、ビルドを変更することなく、プレイヤーは新機能と Epic ソーシャル オーバーレイの改善を体験します。

クロスプレイは新しいインターフェースや新しいオーバーレイではなく、既存の機能に実装されています。「Crossplay across platforms (プラットフォーム間のクロスプレイ)」のドキュメントで詳細を確認できます。

Anti-Cheat 更新

次の 3 つの新機能があります。

  • Anti-Cheat のピアツーピア モードで、PC とコンソール ユーザー間のクロスプラットフォーム プレイをサポートするようになりました。
  • コンフィギュレーション ファイルでは、プレイヤーのマシンで許可されるゲームのアクティブなインスタンスの最大数など、ゲームのクライアントを設定できるようになりました。
  • クライアント側の EOS_AntiCheatClient_PollStatus を、EOS_AntiCheatClient_AddNotifyClientIntegrityViolated を介してアクセスできるコールバック関数に置き換えました。

次の 3 つの追加の改善点があります。

  • エラーのログ記録を改善しました。
  • Anti-Cheat Bootstrapper の改善点は次のとおりです。バイナリ (実行可能ファイル) がバンドル内にあり、リソースがプレイヤーのマシンのハード ディスクにキャッシュされなくなりました。Windows では、タスクバーにゲームの実行可能ファイルのアイコンが表示されるようになりました。
  • Anti-Cheat Integrity Tool の使用サンプルが増えました。

EOS_AntiCheatClient_RegisterPeerOptions AccountID が非推奨になり、PeerProductUserId に置き換わりました。

プレイヤーが検出を無効にするために不正行為を行う可能性がある問題の修正など、6 つのバグを修正しました。

互換性を破る変更

  • コア

    • 互換性を破る変更: すべてのゲームで、EOS_Platform_SetApplicationStatus および EOS_Platform_SetNetworkStatus を呼び出す必要があります。これらの API を Platform インターフェースに追加しました。ゲームが中断されて再開された時間、およびローカル システムのネットワーク接続状態が変更された時間が SDK に通知されます。2 つの関連 API を使用して、これらのステータスを確認できます。これらはオプションです。
  • 認証

    • 互換性を破る変更: 互換性を破る変更**:Windows では、EOS_LCT_AccountPortalEOS_LCT_ExternalAuth のログイン タイプで EOS の再配布可能パッケージがインストールされていて、ゲームを EOS Bootstrapper とともに開始する必要があります。
      • 詳細は、「[Redistributable Installer (再配布可能パッケージ インストーラー)](EpicAccountServices/Crossplayacrossplatforms/RedistributableInstaller」のドキュメントを参照してください。
  • C# SDK

    • 互換性を破る変更: ほとんどの参照タイプ (クラス) を値タイプ (構造体) に変更し、パフォーマンスを大幅に改善しました。API コールでオプションの構造体を渡し、コールバックで情報構造体を使用する場合、 ref キーワードを使用する必要があります。

SDK 1.15 更新

この SDK リリースには、主要な機能の重要な更新とバグ修正がいくつかあります。完全なリストについては、Developer Portal の「SDK Changelog (SDK 変更ログ)」を参照してください。主な内容は次のとおりです。

  • コンソール固有

    • Sony PlayStation 4 のサポートを 9.508.001 に更新
    • Sony PlayStation 5 のサポートを 5.00 に更新
    • Nintendo Switch のサポートを 13.3.2 に更新
    • Microsoft Xbox GDK のサポートを 211001 に更新 (2021年10月の QFE1)
  • コア

    • 関連するプラットフォームを含めるように、EOS_GetVersion で返される SDK ビルド バージョンを更新しました。
  • 音声

    • 既存のボリューム コントロールを拡張 (および置換) するオーディオ ボリューム コントロール API (EOS_RTCAudio_UpdateParticipantVolume) を追加しました。
  • デベロッパー認証ツール

    • このツールは提供されたポートと資格情報を保持し、長時間実行した場合に資格情報をリフレッシュします。
  • ソーシャル オーバーレイ

    • ソーシャル オーバーレイでは、プレイヤーに Epic フレンドをすべて表示します。これには、プレイヤーがプレイしているゲームをプレイしたことがない Epic フレンドが含まれています。

既知の問題

  • コア
    • iOS と Android サンプルでは、現在、新しい中断 / 再開 API とネットワーク接続 / 切断 API の例が更新されていません。

1.14.2 - 2022年2月1日

新規

Anti-Cheat の効率を向上させ、Easy Anti-CheatBootstrapper を更新しました。

また、懲戒処罰を実施するセッションを作成できるようになりました。懲戒処罰を受けるプレイヤーは、処罰を有効にして作成されたセッションへの参加も登録もできません。詳細は「Sanctions インターフェース」を参照してください。

改善とバグ修正

Easy Anti-Cheat

  • 安定性とメモリ管理効率を向上させました
  • 単一のゲームサーバーで大人数のプレイヤーが実行する、またはバックエンド接続が弱い場合にプレイヤーに発生するクラッシュを修正しました。

Core

  • 起動時のエラーログの改善

その他

ID トークン使用した接続および Epic ユーザー検証時に多数発生したバグの修正

  • Nintendo Switch SDK のアップデート

既知の問題

アンチチート ブートストラッパーのカスタム アイコンがぼやけて見えることがあります (提供されている場合)。

  • この問題は次のリリースで解決されます。

2021 年

1.14.1 - 2021年11月5日

Custom Invites Custom Invites インターフェースがリリースされました。

Custom Invites インターフェースを使用して、タイトルはビルトインの Epic Online Service (EOS) Connect メッセージングで招待を送受信することが可能になります。

このシステムは、次の場合に実行可能であると見なされます。

  • タイトルがすでに堅牢な招待システムを備えている場合
  • タイトルにおいて、Epic アカウント サービス ソーシャル オーバーレイを使って招待状を送受信する場合

Easy Anti-Cheat

改善と更新が行われました。

Easy Anti-Cheat がリリースされたので、Anti-Cheat インターフェースのためのブートストラッパーに関する情報を追加しました。

  • アンチチートを使用して、ブートストラッパーが追加されました。

    • Windows
    • Linux
    • Mac

    ID プロバイダー

  • サポート対象のユーザー認証プロバイダに Amazon を追加しました。

2021年8月17日

パブリッシュツール (クローズド ベータ版)

Epic Games Store セルフ パブリッシングのベータ版が発表されました。このツールを使って、自分のゲームを Epic Games Store にパブリッシュするプロセスを管理することができます。このツールを使ってできること、およびツールの仕組みについては パブリッシュ ツール - クローズドベータ を参照してください。

サイトマップの刷新

EOS ドキュメントのサイトマップ全体を刷新しました。コンテンツを使用するサービス (Developer Portal、Epic Account Services、Epic Games Store、Game Service、API リファレンス) ごとに整理しました。これはまだコンテンツを使いやすくするための小さな一歩ではありますが、今後もドキュメントの改善に取り組みます。

SDK 1.11 リリースでの主要機能の 1 つが抜けていました。

アーティファクト

Games Store の アーティファクト でデプロイメントをマッピングすることで、ゲームにサインインしていなくても、フレンド オンラインの Epic Games Launcher にロビーおよびセッションの招待機能をに追加することができます。これにより、プレイヤーは、プラットフォーム間で Epic GamesStore のフレンドリストに名前のある他のプレイヤーとつながることができます。

1.13 - 2021年6月21日

Voice

このリリースでは、Voice インターフェースPreview サービスです。 Voice インターフェースを使って、ユーザーとの間でボイス チャットの作成および管理を行うことができます。Voice と Lobbies のインテグレーションにより、[Lobbies インターフェース (GameServices/Lobbies) にルームの管理と承認を処理させることができます。

CC のサンプル プロジェクトを必ずチェックしてください。

Web API

Auth インターフェースEcom インターフェース の REST API がありますが、Web およびバックエンドサービスのより一般的なユースケースをサポートするために Web API を構築しています。

EOS SDK を使用してゲーム クライアントやサーバーとやり取りすることをお勧めしますが、HTTP API オプションについては Web API の 概要 および リファレンス も確認してください。

ダークモード

ドキュメントでダークモードライトモードを切り替えることができます!パネル ナビゲーションの下部にあるスイッチを使用して、ビューを変更します。

1.12 - 2021年5月27日

Easy Anti-Cheat

このリリースでは、Anti-Cheat インターフェースは Preview サービスです。

オンラインのマルチプレイヤーゲームでの不正行為を減らすために、Anti-Cheat インターフェース (別名 Easy Anti-Cheat) を使用できます。

ID プロバイダーとしての itch.io

itch.ioID プロバイダー として製品に使用することができます。

利用可能な ID プロバイダーは、Epic Online Services がユーザーのアカウントをリンクして、さまざまなプラットフォーム間でのデータ共有を可能にし、マッチメイキングなどのクロスプラットフォーム機能に参加できるプラットフォームです。ID プロバイダは Develop Portal で設定が可能で、かつ Connect インターフェースと連携する必要があります。

1.11 - 2021年4月7日

Sanctions インターフェース

Sanctions インターフェース は、一時的または永久的な禁止など、ユーザーに対して行われる処罰措置を監視します。

Reports インターフェース

Reports インターフェース には、ゲーム内のユーザー行動レポートが保存されます。クエリを実行して、不正行為、言葉による虐待、攻撃的なプロフィールなど、報告されたユーザー行動の詳細を表示することができます。この情報を Sanction インターフェースと一緒に使用することで、処罰処置を取ることができます。

ID プロバイダーとしての Google

Google を ID プロバイダー として製品に使用することができます。

利用可能な ID プロバイダーは、Epic Online Services がユーザーのアカウントをリンクして、さまざまなプラットフォーム間でのデータ共有を可能にし、マッチメイキングなどのクロスプラットフォーム機能に参加できるプラットフォームです。ID プロバイダは Develop Portal で設定が可能で、かつ Connect インターフェースと連携する必要があります。

アーティファクト

Games Store の アーティファクト でデプロイメントをマッピングすることで、ゲームにサインインしていなくても、フレンド オンラインの Epic Games Launcher にロビーおよびセッションの招待機能をに追加することができます。これにより、プレイヤーは、プラットフォーム間で Epic GamesStore のフレンドリストに名前のある他のプレイヤーとつながることができます。