Cross-Platform Multiplayer Guidelines

クロスプレイ クロスプラットフォーム マルチプレイヤー要件のガイドライン

8 分で読めます

要件

Epic Games ストアで販売されるオンライン マルチプレイヤー対応のすべてのタイトルは、他のすべての PC ストアフロントとのクロスプラットフォーム マルチプレイヤーをサポートしている必要があります。このポリシーにより、Epic Games ストアでマルチプレイヤー ゲームを購入したプレイヤーは、ゲームをどこで購入したかを問わず、ゲーム内で他のプレイヤーと簡単につながることができます。ゲーム コンソールなどの PC 以外のプラットフォームとのクロスプレイへの対応はオプションではあるものの、推奨されています。

マッチメイキング

マッチメイキングをサポートする製品の場合、プレイヤーはデフォルトでストアフロントの枠を越えてマッチメイキングを行える必要があります。特に、以下に留意してください。

  • Steam と Epic Games ストアのゲームはすべてまとめてリストされるようにする。

  • Epic Games ストアのプレイヤーは、マルチプレイヤー メニューに表示されている Steam のゲームまたは Epic Games ストアのゲームに参加できるようにする。

  • Steam のプレイヤーは、マルチプレイヤー メニューに表示されている Steam または Epic Games ストアのゲームに参加できるようにする。

フレンドベースのマルチプレイヤー

フレンドベースのマルチプレイに対応した製品では、プラットフォームの垣根を越えてフレンドを表示し、交流できることが求められます。フレンドベースのマルチプレイ機能の例としては、プレゼンスによるセッションへの参加、非同期のフレンドベースのプレイ、その他のフレンドベースのインタラクションなどがありますが、これらに限定されるものではありません。

招待

招待をサポートしている製品の場合、招待はストアフロントの枠を越えてサポートされている必要があります。これらの招待は、他のネイティブ プラットフォームの場合と同様に、双方向で機能する必要があります。

  • Epic Games ストアのプレイヤーは、Steam でプレイしているフレンドに招待を送信できる。

  • Steam のプレイヤーは、Epic Games ストアでプレイしているフレンドに招待を送信できる。

ゲームが同じプラットフォームでの直接招待をサポートしている場合、ストア フロント間でのコードベースの招待は、クロスプラットフォームのマルチプレイヤー要件を満たすのに十分ではありません。

詳細は、「クロスプレイ ソーシャル グラフ オプション」を参照してください。

Epic は、これらの規準に確実に遵守するように、オンライン マルチプレイヤーを備えた 製品 をレビューしています。製品でオンライン マルチプレイヤー機能を使用している場合は、リリース予定日の最低 4 週間前に、レビュー用のビルドをサブミットする必要があります。 オンライン マルチプレイヤー ゲームの要件に関する質問は、ケース から Epic Games Store チームまで問い合わせてください。

クロス プラットフォーム マルチプレイヤー サポートのための Epic Online Services

デベロッパーは Epic Online Services (EOS) を使用してこれらの要件をサポートすることができますが、EOS は必須ではありません。また、タイトルが規定の要件を満たすことを保証するサードパーティ ソリューション プロバイダや社内ソリューションを選択することもできます。EOS の詳細については、「こちら」を参照してください。

マルチプレイヤー ゲームの設定に関するご質問は、お客様を担当するビジネスデベロップメントマネージャーまたはアカウント担当者までお問い合わせください。

クロスプレイ ソーシャル グラフ オプション

招待システムは、アドレス可能なユーザーを招待対象として提供するうえで、プレイヤーのソーシャル グラフに大きく依存しています。Epic Games ストアでは、クロスプレイ ソーシャル グラフの次のオプションを推奨しています。

  • Epic のソーシャル グラフ – Epic Account Services ベースのソーシャル グラフを、すべての PC ストアフロントの主要なソーシャル グラフとして使用する。

  • パブリッシャーのソーシャル グラフ – タイトル、デベロッパー、またはパブリッシャーベースのソーシャル グラフを、すべての PC ストアフロントの主要なソーシャル グラフとして使用する。

  • 二分化ソーシャル グラフ – ゲーム クライアントを購入した PC ストアフロントのソーシャル グラフを、主要なソーシャル グラフ (「ホーム」ソーシャル グラフ) として使用します。オプションとして、招待の要件を満たす方法として、他のストアフロントのソーシャル グラフ (「アウェイ」ソーシャル グラフ) にリンクすることができます。「アウェイ」ソーシャル グラフを表示するには、ゲーム内のフレンド リストを照合するか、ソーシャル グラフのオーバーレイを追加するなど、追加の UX が必要になります。

Epic のソーシャル グラフ

Epic Account Services は、複数のプラットフォームで動作するように設計されており、一貫したデベロッパー エクスペリエンスおよびユーザー エクスペリエンスを提供します。EOS および Epic Account Services の詳細については、「こちら」を参照してください。

メリット
  • 大規模なソーシャル グラフ - Epic Account Services には、3 億 5,000 万以上のアカウントと 22 億以上のフレンドのつながりがあります。

  • すべてのプラットフォームで単一の ID - デベロッパーが複数のプラットフォームでより簡単に開発およびサポートできるようになります。ユーザーは、タイトルやプラットフォームを問わず、単一のオンライン ID とフレンド リストを維持することができます。

  • ブロックされない – Epic Account Services は、すべての主要なプラットフォーム、ストアフロント、エンジンなどでサポートされています。

デメリット

既存のユーザーは変更が必要 - これまで他のソーシャル グラフを主要なソーシャル グラフとして使用してシッピングされていたタイトルでは、主要なソーシャル グラフとして Epic Account Services に更新すると混乱が生じる場合があります。このような場合は、二分化ソーシャル グラフ の使用ををお勧めします。

追加のオプション
  • Integrated friends (フレンドの統合) – 必要に応じて、他のソーシャル グラフ (使用可能な場合は、他のパブリッシャーやプラットフォームベースのソーシャル グラフを含む) とリンクさせて、ゲーム内に追加のフレンド リストを表示できます。

  • Suggested friends (フレンドの提案) - 必要に応じて、他のアカウントにリンクして、Epic のフレンドを他のソーシャル グラフに提案できます。

  • Reciprocal friends (フレンドの相互提案) – 必要に応じて、他のアカウントにリンクすることで、Epic Account Services が他のソーシャル グラフからフレンドの提案を受け取ることができます。

一般的な技術スタック

Epic Account Services を主要なソーシャル グラフとして使用するゲーム クライアントは、通常、EOS サービスも使用します。これは要件ではありません。

ストアフロントEpic Games ストアパブリッシャーのストアSteam
サービスパブリッシャーのゲーム サービスパブリッシャーのゲーム サービスパブリッシャーのゲーム サービス
ソーシャルパブリッシャーのアカウント サービスパブリッシャーのアカウント サービスパブリッシャーのアカウント サービス
ストアEpic Games ストアパブリッシャーSteam

パブリッシャーのソーシャル グラフ

一部のデベロッパーまたはパブリッシャーは、独自のソーシャル グラフをサポートする機能を備えています。Epic Games ストアでは、これらのソリューションをご利用いただけます。

メリット
  • ストアフロントの平等性 – デフォルトでは、パブリッシャーのソーシャル グラフを主要なソーシャル グラフとして使用する場合、PC のストアフロントも平等に扱われます。

  • すべてのプラットフォームで単一の ID - デベロッパーが複数のプラットフォームでより簡単に開発およびサポートできるようになります。ユーザーは、どこでプレイしても単一のオンライン ID を維持できます。

デメリット
  • 負荷が大きい – すべてのデベロッパーまたはパブリッシャーが、独自のソーシャル グラフを実装して維持し、常にユーザーを引き付けることができるわけではありません。

  • ソーシャル グラフの規模が小さい – パブリッシャーを中心としたソーシャル グラフは、複数のパブリッシャーにまたがるソーシャル グラフと比較して、ユーザー数やユーザー間のソーシャル コネクション数が少ない傾向にあります。

  • アカウント リンクの要件 – 特定の ID でゲームを購入した後、別の ID でそのゲームをプレイし、プラットフォーム/ストアフロントのフレンド リストと一致しないフレンド リストが表示されると、ユーザーが混乱する場合があります。

追加のオプション
  • Integrated friends (フレンドの統合) – 必要に応じて、他のソーシャル グラフ (使用可能な場合は、他のパブリッシャーやプラットフォームのソーシャル グラフを含む) とリンクさせて、ゲーム内に追加のフレンド リストを表示できます。

  • Suggested friends (フレンドの提案) – 必要に応じて、他の Epic Account Services にリンクして、Epic のフレンドをパブリッシャーのソーシャル グラフに提案できます。

  • Reciprocal friends (フレンドの相互提案) – 必要に応じて、パブリッシャーのソーシャル グラフから Epic Account Services がフレンドの提案を受け取ることができます。

一般的な技術スタック

通常、複数のストアフロントの主要なソーシャル グラフのためにパブリッシャー アカウント を活用するゲーム クライアントは、独自のゲーム サービスも使用します。また、このようなゲーム クライアントは、独自のストアフロントを備えている場合があります。これは要件ではありません。

ストアフロントEpic Games ストアパブリッシャーのストアSteam
サービスパブリッシャーのゲーム サービスパブリッシャーのゲーム サービスパブリッシャーのゲーム サービス
ソーシャルパブリッシャーのアカウント サービスパブリッシャーのアカウント サービスパブリッシャーのアカウント サービス
ストアEpic Games ストアパブリッシャーSteam

二分化ソーシャル グラフ

二分化ソーシャル グラフでは、ゲーム クライアントを購入したストアフロントが提供するソーシャル グラフが主要なソーシャル グラフとなります。ただし、二分化ソーシャル グラフを使用すると、ユーザーは同時に複数のソーシャル グラフにサインインすることができます。ゲーム内の UI または SDK ベースのオーバーレイは、「アウェイ」ソーシャル グラフがゲーム内でそのグラフ自体を表示する UX を提供します。

二分化ソーシャル グラフは、デフォルトでは、すべてのプラットフォームで単一のマッチメイキング プールを備えている必要があります。

メリット
  • 優れたユーザー エクスペリエンス – 「ホーム」ソーシャル グラフのシンプルさと「アウェイ」ソーシャル グラフの高い柔軟性の両方を備えています。

  • 最大規模のソーシャル グラフ – プラットフォームベースの大規模な複数のソーシャル グラフを結合したものを一度に対象とすることができます。

デメリット
  • 実装が容易ではない – パブリッシャーのソーシャル グラフを作成、維持するよりも負荷が低いものの、タイトルの複数のクライアント バージョンで UX デザインおよび実装を行う必要があります。

  • 複数の ID – 特定のフレンドがどのソーシャル グラフに属しているのか、そのフレンドのソーシャル グラフでのユーザー名は何であるかなど、複数のソーシャル グラフで自分のエクスペリエンスを管理しなければならないという負担がユーザーにかかります。

  • リンクされていない場合のセキュリティへの懸念 – ユーザーが「アウェイ」グラフにリンクしていない場合、「アウェイ」グラフのユーザーが悪質な行為を行っていたとしても、その悪質なユーザーをブロックするなどの措置を直ちに講じることができない場合があります。

  • Steam によるブロック – Steam は、本ページの作成時点では、Steam エコシステム外の Steam ID へのアカウント リンクを許可していません。このため、ゲーム クライアントが Steam のソーシャル グラフを更新しようとする場合などは、毎回 Steam アカウントに直接サインインする必要があります。デベロッパーには、Steam Launcher や Steam クライアント以外からも Steam のソーシャル グラフおよびサービスを利用できるようにすることを推奨しています。

追加のオプション
  • Integrated friends (フレンドの統合) – 必要に応じて、他のソーシャル グラフ (使用可能な場合は、他のパブリッシャーやプラットフォームベースのソーシャル グラフを含む) とリンクさせて、ゲーム内に追加のフレンド リストを表示できます。

  • Suggested friends (フレンドの提案) - 必要に応じて、他のアカウントにリンクして、Epic Account Services のフレンドを他のソーシャル グラフに提案できます。

  • Reciprocal friends (フレンドの相互提案) – 必要に応じて、他のアカウントにリンクすることで、Epic Account Services が他のソーシャル グラフからフレンドの提案を受け取ることができます。

  • Remove cross-play (クロスプレイの削除) – 二分化ソーシャル グラフでは、マッチメイキングにデフォルトでクロスプレイが含まれている必要があります。また、ユーザーが他のソーシャル グラフにリンクしていない場合、悪質な行為を行うプレイヤーに起因してセキュリティ状の懸念が生じる状況が発生する恐れがあるため、ユーザーがクロスプラットフォームのマッチメイキングから自身を削除するオプションをゲームが提示することができます。Epic は、ユーザーのマッチメイキング プールを制限するのではなく、悪質な行為を行う可能性のあるクロスプレイ プレイヤーに対処するためのオプションをゲームが提示することを推奨しています。

一般的な技術スタック

通常、複数のストアフロントで二分化ソーシャル グラフを活用するゲーム クライアントでは、クロスプラットフォームのマルチプレイヤー サービス (自社サービス、EOS、または他のサードパーティ ソリューション) を使用します。以下の表では、例として自社ソリューションを示しています。これは要件ではありません。

ストアフロントEpic Games ストアSteamパブリッシャーのストア
サービスパブリッシャーのゲーム サービスパブリッシャーのゲーム サービス該当なし
ソーシャルEpic Account Services、Steam (オプションのリンク - まだ使用できません)Steam、Epic Account Services (オプションのリンク)該当なし
ストアEpic Games ストアパブリッシャーSteam