Developer Portal

Epic Online Services (EOS) は、堅牢な製品管理システムを備えており、複数のストアフロントやプラットフォーム間でサービスを簡単かつシンプルに構成できます。

2 分で読めます

Developer Portal において、製品情報の更新、プレイヤーのサポート、ゲームのファイナンス、使用レポートやその他の統計情報の提供を行うことができます。アカウントを作成 すると、製品の管理、サービスの設定、プロバイダーおよび利用可能なプラットフォームを認識するための設定の定義を行うことができます。

EOS エコシステムのデータは階層化されたシステムで組織されています。

  • 組織 はすべての情報を包括し、具体的にはゲーム スタジオやパブリッシャーなど人々のチームのことを表します。

  • 組織の中に複数の 製品 をもつことができます。各製品は、EOS に登録されたゲームまたはソフトウェア製品です。すべての製品には、本番環境用のパブリック サンドボックスが 1 つ割り当てられます。

  • 所有する製品ごとに異なる サンドボックス が存在します。これらは、ストア関連情報、mod コンフィギュレーション、およびゲームの特定の展開のエントリを含むゲームの高レベルの配布環境を可能にします。

  • デプロイメント は、ロック解除されたアチーブメントやマッチメイキング バックエンドで進行中のマッチなど、すべてのゲームプレイとプレイヤー データを含む製品サンドボックス用のディストリビューションです。複数のデプロイメントを使用して、本番環境用と内部プレイテスト用の製品を区別することができます。

以下はその例です。

  • Organization - Epic Games
    • Product - Jazz Jackrabbit
      • Sandbox - Development
        • Deployment - DevGame01
      • Sandbox - Staging
        • Deployment - QATestGame01
        • Deployment - AlphaGame
        • Deployment - BetaGame
      • Sandbox - Live
        • Deployment - LiveGame
EOS データ権限サービス

アカウント リンク、ユーザー データ リクエスト、ユーザー データ削除

組織

Developer Portal における組織管理ツールの概要です。

製品、サンドボックス、およびデプロイメント ID

Developer Portal における製品管理ツールの概要です。

クライアント資格情報とクライアント ポリシーの管理

EOS 環境におけるクライアント資格情報を管理します。

ID プロバイダの管理

Developer Portal でのプレイヤー ID 管理の概要について説明します。

チケット システム

自動的に生成され、事前に割り当てられたメール アドレスとパブリック Web API キーを使用して、製品のサポートを提供します。